インナーチャイルドセラピー

 「インナーチャイルド」とは、「内なる子供」。
 具体的には子供時代の頃の記憶や心情、感傷の事を指します。子供時代の経験が、大人になった自分に多くの影響を与えています。
 両親、兄弟、姉妹、祖父母、先生など周りの人たちに抑圧されて言いたいことが言えないまま心の奥底に、寂しさ・悔しさ・恐怖心・孤独感などマイナスの感情が溜まっています。

 性格というのは、もちろん持って生まれた素質によるものというものもありますが、他にとても大事な要素が環境です。

 小さい頃の些細な出来事によってとても傷つき、その傷ついた心を守ろうと無意識のうちにどんどん本来の自分から外れた生き方をしてしまいます。

 このように、私たちは大人になってからも多くの人が傷ついた子供の頃の自分と同居したまま日常生活を送っています。子供時代の記憶というのは、はっきりと思い出せなくても、自分の心の奥底にずっと残っているものです。

・自分に自信がない
・自分を愛せない
・言いたいことが言えない
・なぜかいつも孤独を感じる
・自分の欲しいものを欲しいと言えない
・なかなか人を信頼できない
・家族・恋人などの身近な人間関係をうまく保てない
・何をするにも不安

 傷ついたインナーチャイルドを無視し続けていると同じパターンの問題が繰り返し起こります。
 子供時代に満たされなかった想いが大人になってからも違う形で表れてしまうのです。

 『インナーチャイルドセラピー』によって、 本来の自分の本質に気付いて、傷ついた心を癒し、 我慢してきた感情を手放し、鎧を脱ぎ捨て、 「私はラクに生きていっていいんだ」と心の底から確信できる・・・
 許せなかった人を許せるようになり、 無くしていた自信が持てるようになり、 ありのままの自分を愛して、のびのびと自由に生きていける・・・。

 すると、無意識レベルでの思考・言動パターンが変わり、気がつくとトラブルが解消していたり、自然と周りの人に優しく接することができてきたりなどの変容が訪れます。

 あなたを一番愛せるのは誰でもない、あなたご自身です。
 内なる子供にあなたご自身で沢山の愛情を与えてあげて下さい。
 インナーチャイルドを大切に想うことはご自身を大切にすることにつながります。